意外と知らない!?爪の油分の取り方をご紹介します!

爪にも油分があるのをご存知ですか?日頃、生活している中で爪に油分があっても、困ることはありません。

ですが、ネイルをしてもすぐに剥がれてしまう、持ちが悪いと感じたことはありませんか?この状態は爪に油分が残っているために起こってしまうことなのです。今回は、爪の油分の取り方をいくつかご紹介させて頂きます!

とっても簡単!アルコール入りにウェットティッシュ!

この方法は、一番簡単でおすすめです。100円均一やホームセンターなど、身近なところで手に入れることが出来ます。

方法としては、マニキュアやジェルを塗布する前に、アルコール入りのウェットティッシュで爪の表面をしっかり拭くだけです。

アルコールは油分を取る効果があるので、拭くことで爪の油分を取り除いてくれます!あとは、爪の表面が乾いたらネイルをしていって下さいね。

しっかり油分を取り除きたい方にはプレプライマー!

プレプライマーというのは、ネイル専用の油分除去用の溶液です。いろんなメーカーが販売しています。

プレプライマーは、ネイルボトルのような容器に入っており、刷毛もついています。マニキュアの様に爪に塗布するだけで、ふき取りなどは必要ありません。

爪の上に塗布し、乾燥させるだけでOKです!あとは、いつも通り、ネイルをしていって下さい。

また、かなり早く乾燥してくれるので、ネイルを良くする方には、プレプライマーを一つ持っていたら便利かと思います。

簡単に手に入る、エタノール!

エタノールでも油分除去をすることが出来ます!エタノールにもアルコールが含まれているのです。

コットンなどにエタノールを染み込ませて拭くと、コットンの小さな毛が残ってしまうという可能性がありますので、染み込ますものはガーゼなどのけば立たないものがおすすめです。

エタノールはドラッグストアなどで購入することが出来ます。エタノールで油分を取った後も他の工程と同じで、乾いたらいつも通り、ネイルをしていって下さいね。

ネイルを長持ちさせたいときはプレプライマーをしっかり塗布しましょう!

いかがでしたか?プレプライマーを知らない方も多いかと思いますが、ネイルをするときに、プレプライマーを塗布するだけで、ネイルの持ちは格段に良くなります。

せっかく、手間をかけてネイルをするなら、持ちを良くさせたいですよね。是非、試してみて下さい。

関連記事一覧