爪の手入れ方法、皆さんどうしていますか?

爪の手入れ方法は沢山あると思いますが、皆さんは日ごろどうされていますか?小まめにしている人やたまにする人、全くしていない人など、いろいろなパターンがあるかと思います。

今回は、爪の手入れ方法について、詳しくご紹介させて頂きます。

爪の手入れを怠るとどうなる?

爪で特に気を付けたいのは乾燥です。乾燥していると、爪が固くなってしまい、少しの衝撃で割れてしまったり、欠けてしまったりということになってしまいます。

また、水分不足により、爪の縦に筋ができてしまったりと爪のトラブルは意外に多いと言えます。

甘皮の処理は、ちゃんとしていることで爪の根元に水分や栄養を運びやすくしてくれますし、ネイルをした時の持ちが良くなるということがありますので、是非しておいて欲しい場所になります。

また、爪は年齢が出やすい部分でもあり、見た目年齢を決める重要な部分ですので、良く見られる部分としても、手入れをしておきたい部分ですね。

おすすめの爪のお手入れ方法①

とても簡単なお手入れとしては、ネイルオイルやハンドクリームを塗布することです!少しの時間でも出来ることで、ゴミなども出ないので、とても簡単です。

専用のネイルオイルではなくても、ハンドクリームで代用することも出来、乾燥予防に保湿するには、この方法が簡単で良いと思います。同時に、爪の根元をマッサージすることで、爪の血行も良くすることが出来ます。

おすすめの爪のお手入れ方法②爪トラブル予防に!

爪トラブルと言えば、ささくれが代表的かと思います。トラブルになる前に、ちゃんと予防することが大切ですよね。

ささくれは、皮膚が乾燥する事でできやすくなってしまいますので、保湿をしておくことが予防になります。ですが、保湿していてもささくれになってしまったという方もいらっしゃいますよね?

その場合は、そのままにせず、爪切りでささくれの根元から切るようにして下さいね。無理をして、引っ張ったり、むしってしまうと化膿してしまい、数日後、激痛を味わうことになってしまいます。

私も経験済ですので、ささくれが出来た場合は、絶対に根元から切るようにして下さいね。

また、爪の甘皮をむやみに触らないことも大切です。甘皮はあくまでもネイルケアの時は余分な部分を処理しているだけですので、自分でむやみに取ったりすることは避けて下さいね。

爪の根元あたりが腫れてしまったり、爪の表面に凹凸ができたりしてしまうことがあります。

いかがでしたでしょうか?

爪の手入れ方法で身近にあるもので出来るケアや、おすすめの手入れ方法をご紹介させて頂きました。

慣れてくるまでは面倒くさいと思うこともあるかもしれませんが、爪は思っている以上に人から見られている部分ですので、ちゃんと手入れをしてあげて下さいね。

関連記事一覧