爪を縦長にする方法をご紹介します!

短い爪って縦長にすることが不可能なのかな?と思ったことはありませんか?

生まれつきだからとあきらめる人の多いかと思いますが、実は日頃の生活を少し意識して変えてみることで爪のピンク色の部分を伸ばすことが出来ます。

爪を縦長にするポイントをご紹介していきますので、是非参考にされてくださいね。

爪を縦長にするのに重要なハイポニキウム!

まず、爪のピンク色の部分をネイルベッドといい、ハイポニキウムというのは、このネイルベッドと指のお肉と爪の裏側をくっつけてくれている役をしてくれている膜のことです。

爪とお肉の境にあり、このハイポニキウムは、爪を伸ばしているうちに爪の裏側にくっついて一緒に伸びてくれるのです!

そして、爪と同じスピードで伸びてくれるわけではないので、2.3か月は爪を長めに伸ばしておいて下さいね。

爪を縦長にする方法

では、ハイポニキウムを長くするために爪を長めに伸ばしていくという方法以外をご紹介していきます。

爪の切り方と形

爪を伸ばしておくといっても、白い爪部分を3ミリくらいで良いです。そして、爪を爪切りで切るのではなく、やすりで削ることをおすすめします!

なぜいかというと、爪切りで切ってしまうと、二枚爪になりやすいですよね?なるべく、爪に負担をかけないことが前提になりますので、やすりで丁寧にゆっくり削ることを意識して下さい。

また、爪を切る時の形は、オーバル型ではなく、スクエアオフ型がお勧めです。

オーバル型というのは、左右を短く、中央だけ長めに残す形で、スクエアオフは左右をなるべく切らず、角だけカーブをつける長方形に近い形になります。

爪母をマッサージする

爪を作っているのは爪母という部分で、この爪母を健康に保つことが爪を縦長にする方法の一つでもあります。

爪母は、爪の根元の部分で、丸く白くなっているところは爪半月という部分で、その爪半月の根元に爪母があります。

外からは爪母自体が見えず、わかりにくいかと思いますので、広めにマッサージをすると良いかと思います。やり方は、親指を当てて、円を描くように揉んだり、爪の両端をつまむように押してあげて下さいね。

マッサージをすることで、爪の代謝も良くなり、爪も伸びます。そうすると、ピンク色のネイルベッド部分も広がり、伸びてきてくれます!

たんぱく質を意識的に摂る!

爪を作っているのはたんぱく質です!たんぱく質として、代表は肉、魚、大豆製品ですよね。爪の主成分を積極的に摂取することで、爪を健康的に育てることが出来ます。

ハイポニキウムを守り、育てましょう!

いかがでしたか?ハイポニキウムを守り、育てることで、爪を縦長にすることが出来ます!

すぐに爪が縦長になるというわけではありませんが、地道にハイポニキウムを育てっていくことで憧れの縦長の爪にすることが出来るのです!是非、試してみて下さいね。

関連記事一覧