爪の形をスクエアオフにしたいときのやり方をご紹介します!

爪の形がいくつあるかをご存知ですか?基本的には、ラウンド、スクエア、スクエアオフ、オーバル、ポイントという形の5種類が存在します。今回はその中からスクエアオフという爪の形のやり方をご紹介します。

爪を削る前の準備

まず初めに、爪を削っていく際に準備するものをご紹介します。これはスクエアオフに限らず、全ての形に共通するので、覚えていて下さいね。

爪を削る道具

ナチュラルな爪を削るときはエメリーボードを使います。スカルプなどの人工爪を付けている時は、エメリーボードでは削ることが出来ないので、粗めのウォッシャブルファイルを準備してください。

どちらの100円均一やドラッグストアなど身近に購入することが出来ます。

細部のダストを取り除く為のブラシとガーゼ

爪を削るとダストが出てしまいます。これはとても細かく、爪の間にも入ってしまうことが多いので、ブラシやガーゼを使って取り除くことをお勧めします。

最後の仕上げに使用するシャイナー

削った後に、シャイナーで磨くことによって、輝きが違ってきます!こちらも100円均一などで購入できますよ。

スクエアオフってどんな形の爪?

それでは、スクエアオフの形の紹介を致します。最初にご紹介させていただいた5つの爪の形の中で、スクエアという形は基本となる形です。

スクエアはサイド、先端ともストレートな形をしています。そのスクエアのコーナーに丸みをつけたものがスクエアオフという形になります。

簡単な流れとしては、スクエアの形を作ったあとにコーナーを落としていくというイメージです。

簡単!スクエアオフのやり方

では、スクエアオフのやり方をご紹介致します。どの形も削っていく手順は同じで、まず、先端を削って、全体の爪の長さを決めます。

次に、サイドのストレートを削っていきます。この時、使用するエメリーボードは一方方向だけに動かすようにしてくださいね。いろんな向きから削ってしまうと、爪に負担がかかるからです。

そして、全体のバランスを見ながら、削ることが大切です。サイドのストレートを削るときに角度を間違えると先細になってしまうので、角度にも気を付けましょう!

今の状態でコーナーが直角になっていたら、次に、その直角部分のコーナーを削っていきます。

削りすぎてしまうと、ラウンドになったり、やり直しでどんどん爪が短くなってしまうので、ほんの少し角を丸くする程度と思って優しく削ってみてください。

上手く削れたら、最後にガーゼやブラシでダストを取り除き、磨くためのシャイナーで、爪を擦れば完成です!

慣れてしまえば、とても簡単なスクエアオフ!

いかがでしたか?スクエアオフという形について、やり方が伝わったかと思います。誰でも、慣れれば簡単に出来ると思います!まずは、やってみようという気持ちが大切ですね。

関連記事一覧