爪のルースキューティクルをご存知ですか?

爪のルースキューティクルというのを聞いたことはありますか?私もネイリストの勉強をするまでは、聞いたことがありませんでした。今回は、爪のルースキューティクルについて、お話しさせて頂きます!

爪のルースキューティクルとは?

ルースキューティクルとは、甘皮の下から爪表面を覆っている薄い角質のことです。このルースキューティクルは、ネイルケアをするときに除去するものになります。

なぜかというと、このルースキューティクルは、爪にへばりつき、爪の成長の邪魔になったり、爪の成長とともに引っ張られ、乾燥してそこが裂けてささくれの原因にもなってしまうからです。

また、ケアする時のキューティクルオイルの浸透も妨げてしまいます。

ルースキューティクルを取り除くとどうなるの?

ルースキューティクルを取り除くと、爪の成長も妨げられることなく、爪も伸びてキューティクルオイルの浸透も良くなります。

爪を作っているところまでスムーズに栄養分を送り届けてくれるので、健康な爪を育てることが出来ます!

また、ネイルをする上でも、ネイルが剥がれにくくなってくれるので、ネイル検定の試験でも、このルースキューティクルを除去する部分はしっかり見られます。

自分でルースキューティクルは除去出来る?

自分でも爪のルースキューティクルは除去することが出来ますが、甘皮と間違えやすく、自分でケアをして、余計にささくれが増えたということもあります。

ですので、しっかり画像やケア除去方法を調べてから、するようにして下さいね。

方法としては、

①まず、ボウルや洗面器などに爪を浸けて、ルースキューティクルが取りやすいようにふやかします。

②ふやかしたら、キューティクルリムーバーを爪に付けて、さらに柔らかくしていきます。

③キューティクルプッシャーで表面を爪先から根元に向かって数回なでるように擦っていきます。

④キューティクルプッシャーに白い垢のようなものがついていれば、それがルースキューティクルなのです!

あまり力強くこすると、爪の表面を削いでいる可能性もありますので、優しく作業するようにして下さいね。

もし、爪を削いでしまった場合は、表面をバッファーという爪やすりで整えて下さいね。

⑤最後に水に浸けたガーゼやウッドスティックなどで汚れを拭きとり、完成です!

ネイルオイルなども、あれば、ケア後に付けておくと乾燥予防になって良いかと思います。

ルースキューティクルを除去することで爪を健康に美しく保つことが出来ます!

いかがでしたか?爪のルースキューティクルについてお話をさせて頂きました。

皆さん、初めてルースキューティクルを除去する時は、こんなに爪にいらない角質があったのかとびっくりされることが多いかと思います。正しい方法で、爪のルースキューティクルを取り除いてみて下さいね。

関連記事一覧