爪をレシートで磨くと綺麗になるって本当?

えっ!と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実は爪をレシートで磨くと綺麗にピカピカになってくれます!今回は、爪をレシートで磨くとなぜ綺麗になるのか、爪をレシートで磨く方法をご紹介致します。

なぜ、爪をレシートで磨くと綺麗になるの?

皆様が一番気になるのが、なぜ綺麗になるのかというところだと思います。理由はとてもシンプルなのですが、レシートの表面に、目には見えないくらいの小さな凹凸があります。その凹凸が爪の表面を整えてくれるのです。

普通に販売されている爪磨きのシャイナーなどと、凹凸がとても良く似ているのです。だから、爪磨きの様にレシートでも爪を磨くことができるのです!

爪を磨くのに適したレシートは?

爪を磨くのに適したレシートは表面がツルツルしているものです。一般的にはツルツルとしているレシートが多いと思いますが、たまに普通の紙のレシートを見かけることがあります。

また、余白の部分が多いレシートも適しています。なぜかというと、文字が印刷してある面で爪を磨くことになりますので、文字が印刷してある場所が多いと爪に文字のところが写ってしまい、爪が黒くなってしまうからです。

文字が印刷してある方で磨くのが前提になってくるので、その場合は白い余白部分が多い方が磨きやすいですよね。また、レシートの幅が広いものもお勧めで、磨きやすく、しっかり持つことが出来るのも助かるからです。

逆に爪を磨くのに適していないレシートは、適しているレシートの逆になり、ツルツルしていないもの、余白部分が狭いもの、幅は狭いものということになります。

レシートで爪を磨く方法

レシートで爪を磨く方法は、とっても簡単です!レシートの表側の余白部分を使って、爪を磨きます。表側というのは、文字が書かれてある方になります。

爪一つに対して、約2分くらいが目安です。磨き方は自由ですが、私の場合は横方向に動かして、爪を磨いています!

爪を磨く専用のシャイナーよりは時間はかかってしまいますが、身近にあるもので、しかも無料で手に入るので、レシートをただ捨てるよりも、少しでも役に立つならお得ですよね。

爪をレシートで磨いて、一回では完全に縦筋などの凹凸のあるものは消えませんが、確実に光沢が出てきます!レシートで爪を磨いた後に、ハンドクリームやネイルオイルを塗ると、一層爪が綺麗に見えます。

同じ磨くなら、身近なもので爪を磨いてみましょう!

いかがでしたか?レシートで爪を磨くと、磨くごとに綺麗な爪になってくれます。家で過ごす中で、時間があるときにすこしずつ試してみてはいかがでしょうか?無料で爪を磨くことが出来るなんて、とても嬉しいことですよね。

関連記事一覧