爪のお手入れ方法をご紹介します!

日頃、皆さんは爪のお手入れ方法をどのようにされていますか?ご存知の方も多いかと思いますが、今回は爪のお手入れ方法をいくつかご紹介させて頂きますので、是非参考になれば幸いです。

爪のお手入れ方法の流れ

爪のお手入れ方法として、最も重要なのは甘皮処理です。

大きく分けて、

①爪の形を整える

②甘皮処理をする

③爪を磨く

④乾燥予防、対策をする

という流れになります。

①の爪の形を整えるというのは、エメリーボートで爪の形を好みに合わせて削っていきます。

③の爪を磨くというのは、バッファーや磨き専用のファイルのシャイナーで、爪の艶を出すために磨いて、、表面を整えていくことです。

④の乾燥予防、対策というのは、ささくれや割れが起こらないように、ネイルオイルやハンドクリームで保湿をすることで、出来るならこれはケアした後にしておいて欲しいことです。

では、②の甘皮処理について詳しくご説明していきますね。

甘皮処理とは?

甘皮とは、キューティクルとも言い、爪と皮膚の間にある部分です。この甘皮を綺麗に処理することで、ネイルも長持ちし、ささくれなどを予防することも出来ます。

また、爪の生え際のラインをはっきりさせることで、清潔なイメージを与えることも出来るので、是非覚えて欲しい処理でもあります。

ですが、爪と皮膚の間にある部分で、雑菌などの侵入を防いでくれる部分でもありますので、あくまでも余分な甘皮だけを処理するようにして下さいね。

甘皮処理の方法

①まず、爪の生え際にキューティクルリムーバーを塗布します。

②手をお湯につけ、柔らかくし、処理しやすいようにしていきます。3分くらいでいいかと思います。

③水分を取り、プッシャーで爪の根元に向かい、ゆっくりやさしく押していきます。

この時のプッシャーの角度は45度のなるようにして下さいね。

④甘側の下にあり、爪にこびりついている薄い白い膜はルースキューティクルといい、これが残ってしまうとネイルが早く浮いたりしてしまいますので、湿らせたガーゼなどで拭き取る感覚で取り除いていきましょう。

この甘皮処理はネイルをする人にとっては、とても大切な工程だと思います。時間がかかっても良いので、ゆっくり丁寧に行うことをおすすめします!

爪のお手入は気づいたときにしておきましょう!

いかがでしたでしょうか?爪のお手入れで最も重要なポイントを中心にご紹介させて頂きました。

まだまだ、爪のお手入れ方法は沢山あります!どんどんご紹介出来ればと思いますので、是非、似たような項目もご覧ください。

関連記事一覧