爪の変形?本当の原因を知っていますか?

爪が変形したことがある方はわかるかもしれませんが、爪の変形を見ると結構怖いものなのです。

特に痛みなどは感じなくても、爪が変形しているというだけで、どこか悪いところがあるのではないかと不安になることもあるかと思います。

今回は、爪に変形を外的な要因、内的な要因から見て爪の変形の原因をご紹介します。

爪の変形を外的から見た原因

爪の変形の原因は外的からの要因もあります。日常生活の習慣の中でも、爪を変形させてしまうことがありますので、ご紹介します。

爪の圧迫からきてしまう巻き爪

つま先の細い靴やきつめの靴を履くことで、足先が圧迫され爪が徐々に皮膚に食い込んでしまう巻き爪。改善しようとして、深爪をしてしまうとさらに悪化してしまうのです。

洗剤や除光液による爪の変形

家庭用の洗剤はいろいろな化学物質が入っています。ですので、その刺激により、爪が弱ってしまい、表面に細かい小さな割れ目が沢山出来てしまいます。ひどくなると、爪は割れてしまうこともあるのです。

除光液も爪の変形してしまう原因としてあり、除光液で爪を拭くときに、爪の表面にある水分まで奪ってしまうので、爪が乾燥します。

その乾燥が原因になり、爪の表面がデコボコになってしまい、割れやすくもなってしまうのです。

なると長引く二枚爪

二枚爪の原因としては、乾燥や外部からの衝撃によって、おこります。乾燥している爪を切ると、その衝撃で3層から出来ている爪に空気が入り、一番上のエナメル層が剥がれて二枚爪になってしまうのです。

爪の変形を内的から見た原因

爪の変形は内的な原因も多々あります。ここでは最も身近な原因をご紹介しますね。

食生活の偏り

爪はタンパク質で出来ています。ですので、タンパク質が不足すると爪はもろくなってしまいます。またビタミンAなどが不足することにより、爪に艶がなくなったり、伸びにくくなったりすることもあります。

加齢とストレス

歳をとると、爪も肌と同じ様に乾燥や血行が悪くなってきてしまいます。そのため、爪の表面に縦筋が出ることがあります。これは爪のしわのようなものになります。

また、ストレスや不規則な生活をすることにより、爪の表面に横線のしわが出てくることもあります。

貧血からくるスプーンネイル

女性に多くみられる、そり爪のことをスプーンネイルといいます。これは、鉄の欠乏による貧血が原因で爪がスプーンのように反り返ってしまうのです。

爪の変形の原因は自分の日常生活の中にあることが多い

いかがでしたでしょうか?爪の変形の原因を良く知られているものからご紹介致しました。

爪は人間に体調を教えてくれる大事な部分です。爪を見て、あれ?と思うことがあった場合は、すぐに日常生活を見直してみて下さいね。

関連記事一覧