爪のファイリングのやり方をご紹介します!

爪のファイリング?とあまり聞いたことがない方もいらっしゃるかと思いますので、分かりやすく、爪のファイリングについてご紹介していきます!ネイルをする上で、是非とも知っておいて欲しいことの一つになります。

ファイリングとは?

爪のファイリングとは、爪の形を整えることを目的とした工程で、専用のやすりを使います。爪のファイリングすることによって、爪の長さや形を調整します。

爪の代表的な形としては、

・スクエア

・スクエアオフ

・オーバル

・ラウンド

・ポイント

という5つの形に分けられています。

爪もひとそれぞれ、いろんな形になっています。ネイルをする上で、せっかくするなら、爪自体の形も綺麗に整えておきたいですよね。

ファイリングに必要なものは?

爪をファイリングする時に使用する道具として、

・エメリーボード

・スポンジファイル

・ダストブラシ

です。

エメリーボートは、自爪を削るときに使用し、スポンジファイルでは、爪の裏側にあるバリを取り除きます。ダストブラシは、爪を削った時に出るダストを取り除く為に使用します。

ファイリングのやり方

では、爪の形別にファイルのやり方をご紹介していきますね。

スクエア

スクエアは先端と側面がストレートで角が直角になっている長方形の形です。

①横からみて、エメリーボードを垂直にあて、先端の長さを整えていきます。

②サイドラインに沿って、手前にエメリーボードを引きながらまっすぐに整えます。

③エメリーボートを爪の内側にもあて、手前に引きながら整えていきます。

スクエアオフ

スクエアオフはスクエアの形の角に小さなカーブを作った形です。

①スクエアの形を作った後に、先端の再度の角を取り、小さなカーブを作っていきます。

②角の内側にエメリーボードを当て、爪の中心に向けて少し削っていって下さいね。

削りすぎると、オーバルの様になってしまいますので、角を落とすくらいのイメージです。

オーバル

オーバルは先端が丸く、卵型のイメージです。

①爪の長さを整えた後、側面から中心に向かって滑らかな卵の形を作るように先端につなげていきます。

②左右対称を意識して、サイドラインから先端にかけて卵の形になっているかを確認してくださいね。

ラウンド

ラウンドは、緩やかなカーブが先端にあるような爪の形です。衝撃にも強いので、人気です!

①先端とストレートを整えた後、角から中心に向けて、カーブを作っていきます。

②左右対称になるように整え、先端は自爪のカーブに対して、45度にあてましょう。

ポイント

ポイントは爪先が細く、衝撃には弱いですが、年齢層を選ばず人気の形です。

①爪の長さを整えた後に、側面から先端に向かって、細くなるように削っていきます。

②左右対称を意識し、長さと形が同じでサイドラインから先端に向かって細くシャープになっているかを確認してくださいね。

爪のファイリング次第で印象も変わります!

いかがでしたでしょうか?爪の形は5つあり、それぞれ、特徴や衝撃に強い、弱いという形があるのです。職場に合わせて、爪の形を変える方も多いですよ。

是非、自分でいろいろなファイリングの形を作ってみて下さいね。爪の形を整えているだけで、指先までお手入れが行き届いているという良い印象を与えることも出来ます!

関連記事一覧