ネイルの塗りっぱなしって実際はどうなの?大丈夫なこと?

ネイルを塗りっぱなしにしておくのは、爪が呼吸できなくなるのでダメ。と聞いたことがありませんか?私もネイリストになるまではそう思っていたのですが、実際は違うのです。

今回はネイルの塗りっぱなしに関係する正しい知識や、トラブルと解消法をご紹介していきます!

ネイルの塗りっぱなし爪が呼吸できないというのは本当?

良く聞くことのある、爪が呼吸を出来なくなるからネイルの塗りっぱなしはいけないという話ですが、実際は違います。

なぜなら、爪は呼吸をしていないからです。爪は皮膚の一部ですが、人は皮膚呼吸をしませんよね?ですので、ネイルをしても爪が呼吸できなくなるということはありません。

ネイルの塗りっぱなしで色素沈着することを知っていますか?

ネイルの塗りっぱなしをしていて、起こるトラブルとして、ネイルの色素沈着があります。あまり知らない方もいるかと思いますが、爪も日焼けをします。

直接、爪は日焼けをするわけではないので、紫外線の影響を受けるということです。

久しぶりにネイルを落とすと、爪が黄色くなっている経験はありませんか?これは、紫外線の影響を受けて、爪に色素沈着してしまっている状態です。

色素沈着を防ぐには、ベースコートをしっかり塗って、トップコートに紫外線カットのものを使用すると良いですよ。

ネイルを塗るより、落とす方が爪に悪いことを知っていますか?

ネイルを落とす時に使用するリムーバーが爪を傷めます。リムーバーの成分としてアセトンというものが入っています。

アセトンは、爪の水分を奪ってしまうので、爪が乾燥したり、黄ばんだり、割れやすくなったりと、爪には悪影響なものになってしまいます。

予防策として、ベースコート、トップコートをしっかり塗布し、リムーバーを使用する際には、使用した後にネイルの栄養剤を塗って保護することをお勧めします。

ネイルの栄養剤としてお勧めのもの!

傷めてしまった爪に栄養剤としてお勧めなのが、Naillyというサプリメントです!

このサプリメントは、爪を割れにくくしてくれたり、ささくれていた状態を綺麗にしてくれたり、艶を出したりと、爪を健康にしてくれます!

爪に必要な栄養素の、シリカが入っており、コラーゲンやケラチンの生成を活発にしてくれるのです。シリカは体内で作ることのできないので、サプリメントで摂取することが出来れば爪も体も健康になっていきます。

ネイルが大好きで、頻繁に付けかけるという方も、その分爪を酷使しているのです。しっかりケアをしてあげることが大切になります。

ネイルを塗りっぱなしにすることでの正しい知識を覚えましょう

ネイルを塗りっぱなしにすることに関しての正しい知識や、トラブルと解消法をご紹介したしましたが、いかがでしたでしょうか?おしゃれをすることは良いことだと思いますが、爪のケアもしっかりしてあげて下さいね。

関連記事一覧