ネイルのオフを自分でするのって簡単?オフ方法をご紹介します!

ネイルは今やおしゃれな女の子なら当たり前に身だしなみの一つになっています。

でも、お店でネイルをするには高かったり、予約がとれなかったりということで、セルフでネイルをしている方も増えてきていますよね?

ネイルをするのは好きだけど、オフが大変、面倒くさい、綺麗にオフ出来ないということを良くききますので、今回は綺麗に簡単にネイルをオフできる方法をご紹介します。

ネイルオフとは?

ネイルのオフとは、既に爪にネイルを施している状態から、その塗布されているネイルを落とすことで、専用の液やクリーナーを使って落としていきます。

塗布しているネイルの種類によって、オフにかかる時間は違ってきます。

ネイルオフ①マニキュアの場合

まずはマニキュアのオフの方法をご紹介します!

準備するものは、除光液、コットン、綿棒やウッドスティックだけです。これらは、全て100円均一やドラッグストア購入することが出来ます。

オフの方法は、

① コットンに除光液を多めに染み込ませ、マニキュアを塗った爪の上に優しく押し当てます。

② すぐにコットンを動かすのではなく、そのまま少し軽く押さえておいてください。

③ 少し経ったら、そのまま指先方向へ向かってコットンを押さえながら拭き取っていきます。

④ 際の部分や爪の裏部分は、綿棒やウッドスティックにコットンを少し巻き付けたな画細い物で綺麗に拭き取っていきましょう。

⑤ 一度ではなかなか完全にはオフしきれないので、何回かこの工程を繰り返して下さいね。

⑥ オフした爪はとても乾燥している状態ですので、ネイルオイルやハンドクリームで保護してあげることをお勧めします!

⑦ 次にマニキュアを塗るときの為にも、爪にも肌と同じ様にお手入れをしてあげて下さいね。

ネイルオフ②ジェルネイルの場合

ジェルネイルの場合は、ハードタイプとソークオフタイプに分かれますが、一般的にはソークオフタイプのものが多いですので、今回はソークオフタイプのオフの方法をご紹介します。

ソークオフタイプとはソフトジェルタイプともいいます。

ジェルネイルのオフの場合に準備するものは、ジェルネイルリムーバー、ファイル、アルミホイル、ウッドスティックやプッシャーです。

ジェルネイルリムーバーは、主成分がアセトンのものを選んで下さい。

ファイルはやすりのことで、粗さが数種類ありますが、100円均一でも手に入ります。

ジェルネイルのオフ方法は、

① ファイルで爪の表面を軽く削ります。この時、自爪まで削らないように気を付けて下さいね。表面に傷を付けて、リムーバーを染み込みやすくするということを意識してください。

② リムーバーをたっぷりコットンに染み込ませ、爪に乗せて下さい。

③ その上から、アルミホイルで空気が入らないようにして、しっかりと巻きます。

④ そのまま、15分くらい待って下さい。

⑤ アルミホイルを取り、ジェルがどの程度取れるかを、ウッドスティックなどで確認してください。まだジェルは固い場合は、再度、巻きなおして下さいね。

⑥ ジェルがある程度、取れやすくなったら、ウッドスティックやプッシャーで剥がしていきます。

⑦ ジェルもマニキュア同様に、自爪を傷めないように優しく少しずつ剥がして下さい。

⑧ 剥がし終えた後は、しっかりケアもしてあげて下さいね。

ネイルオフをした後の爪のケアは大切です

いかがでしたでしょうか?ネイルのオフは自分でも簡単にすることが出来ます。

大切なのは、オフした後の爪のケアです!除光液やクリーナーを使うことで、少なからず、爪はダメージを受けてしまいます。

次にネイルをするときの為にも、しっかりとケアをしてあげて下さいね。

関連記事一覧