ネイルを綺麗に塗る方法をご紹介します!

ネイルサロンで施術してもらう時は、プロがネイルをしてくれるので、とても綺麗に塗布されていますが、自分でネイルをするときは皆さんどうでしょうか?

せっかくネイルをしても、ムラがあったり、はみ出したりということがあるのではないでしょうか?今回は、少しでもネイルを綺麗に塗る方法をいくつかご紹介させて頂きますので、参考にして頂けたら嬉しいです。

綺麗に塗るには下処理が大切!

ネイルの下処理とは、ケア段階の作業のことで、甘皮や余分な油分や水分の除去の工程になります。

油分や汚れが残っている状態でネイルをすると、剥がれやすくなったり、カビの原因にもなってしまうので、この工程は面倒くさくても絶対施してください。

また、甘皮の除去もとても大事で、際までネイルを塗布する場合に、処理が甘いと際まで塗布出来ないので、剥がれやすくなってしまいます。ケアの段階がすべて終わってから、ベースコートを塗布するようにこころがけましょう!

意外と大事なカラー選び

ムラが目立たないカラーは、ラメやパールが入っているカラーや薄めのカラーが多いです。濃いカラーと逆に透明感のあるシアーカラーはネイルのムラが目立ちやすいカラーになりますので、

自信のない方は慣れるまでの間、避けておいた方が良いかと思います。

どうしても、濃いカラーをしたいけど、綺麗に塗布することが出来ないという方は、濃いカラーの上から、ラメやパールを少し塗布することでカモフラージュすることも出来ますよ。

塗布する順番は利き手から!

意外と皆さん、迷われるのは、どちらの手からネイルを塗っていくかというところだと思います。

答えは、利き手からネイルを塗布してきましょう!なぜなら、利き手の指から先に乾いてくれた方が、後々の作業が便利になるからです!

利き手ではない方の指を先に塗布してしまうと、塗布したばかりのネイルを傷つけてしまう可能性があります。また、利き手のネイルを塗布する時には、テーブルなどの台の上にしっかり手を固定するようにして下さいね。

手の平をテーブルなどの台の上につけて、爪をハケを持っている手の方に向けると、スムーズに塗布することが出来ますので、是非覚えておいてくださいね。

ネイルの塗布する順番

カラーは基本、二度塗りです。何度も塗ると、ムラの原因になってしまいます。ネイルを塗る順番は、中央、サイド、中央の順番で塗布していきましょう!

根元から1ミリくらいあけて塗布するのが理想で、そうすることで剥がれにくくもなるのです。また、カラーの最後と、トップコートの時に、爪の先端の縁を塗ると、爪の先から剥がれることも、少なくすることが出来ます。

せっかくのネイル!一工夫して綺麗に塗りましょう

いかがでしたか?綺麗にネイルを塗る方法のポイントをいくつかご紹介させて頂きました。

今までネイルをしていた流れに少し、気を配ることで綺麗に塗ることが出来ますので、面倒くさがらずにチャレンジしてみて下さいね。

関連記事一覧